効かないものもある | メラライトフォートクリームで美白がよみがえる!

効かないものもある

薬と水

しみという症状には、いろんな種類があるのを知っていますか?
実はメラライトフォートクリームに含まれるハイドロキノンでは改善できるしみと改善できないしみが存在します。
つまりあなたのしみがどんな種類なのかによって結果が分かれてしまうので、ここで簡単に紹介しておきたいと思います。

まずメラライトフォートクリームに含まれるハイドロキノンという成分は、基本的に皮膚の浅い部分に沈着してできたものに効きます。
ということは、奥深くに色素沈着したものには効果を期待できないわけです。

たとえば紫外線によってできる一般的なしみである老人性色素斑であれば、メラライトフォートクリームは有効的です。
他にも雀卵斑というそばかすのような細かいしみに対しても使うことはできます。
ただし雀卵斑は遺伝的に現れるしみなので、完全に消えてしまうということはありません。
あとは肝斑という中年女性に現れる左右対称のしみにも効くことがあります。
肝斑は女性ホルモンが乱れることで現れるといわれているので、こちらも確実に解消されるとはかぎりません。

一方でメラライトフォートクリームでは改善できないのが、脂漏性角化症というイボみたいなしみです。
これは別名老人性イボとも呼ばれていて、しみになっている状態の肌が盛り上がることでできます。
あとは太田母斑という青みがかっているしみも、メラライトフォートクリームは効果がないといわれています。

自分のしみが本当にメラライトフォートクリームで改善できるのかどうかを、最初にきちんと調べてから使うようにしてください。